Freshdesk 機能一覧 Eメールに頼ったカスタマーサポートや問い合わせ管理の課題とは?

共有の受信箱が役に立たない理由。

Eメールでの顧客サポート提供は簡単なことではありません。問題を追跡するには、複雑なフォルダ構造や、色分けされたタグが必要です。こういった場合、チケットの量が増えていくにつれ、連携を取り合うこと自体がまるで悪夢のような状況になってしまうのです。

その結果、複数のチームと複数の製品に対する複数の受信箱を管理すること自体が、業務効率低下の原因となってしまいます。

ヘルプデスクを使うことで顧客のサポートがしやすくなる理由

Freshdeskでは、1つの場所から顧客の問い合わせを追跡、優先順位付け、フォローアップすることが可能です。これにより、効率的なカスタマーサービスをよりスピーディーに提供することができるようになります。

 

    より充実したEメールサポート

ワークフローを自動化して効率アップ

顧客の問題解決に集中することができるよう、タグ付けやチケットの割り当てなどの作業を自動化します。

ターゲットを設定してチケットを解決

エージェントが全ての問題にタイムリーな対応ができるよう、サービスレベルターゲットを設定します。

連携してスピーディーに問題を解決

Freshdeskに搭載されているディスカッション画面を使うことで、チケット対応中でもチームの仲間から協力を得ることができます。

どこからでも顧客へサポートを提供

Eメール、ソーシャルメディアまたはウェブサイト‐顧客が安心できる方法で問い合わせができるようにしましょう。

通知機能で常に最新情報を把握

通知機能で、デスクから離れているときでも、ヘルプデスク内で起こる重要なイベントをお知らせします。

データを使った意思決定

問題解決のスピードや、繁忙期の把握など、適切なメトリクスを使って追跡します。

Freshdeskに関するお客様の声