訪問者とコミュニケーション。ユーザーをサポート。顧客を維持。

ウェブサイト上でサポートを必要としている訪問者とチャットを開始します。自発的なメッセージトリガーを設定することで、シームレスな顧客体験を提供し、訪問者がウェブサイトから離脱してしまうのを防ぎます。ユーザー情報、イベントタイムライン、ソーシャルメディアのプロフィールを活用し、顧客の状況を踏まえた会話をすることで、顧客を喜ばせましょう!

Freshdesk内蔵のメッセンジャー

Freshdesk搭載のFreshchatメッセンジャーを有効にすると、会話をチームメンバーやグループへ割り当てることができるようになります。一ヶ所からサポート問い合わせの全内容を把握しましょう。顧客に同じ内容を何度も繰り返し伝えてもらう必要なく、エージェントは1つの場所からEメールに返信したり、チャットで会話したりすることが可能です。

会話を問い合わせへ変換

エージェントが、チャットを利用して直ちに問い合わせを解決することができないこともあります。このような場合には、エージェントは会話を問い合わせへ変換するか、既存の問い合わせへ添付することで、会話を追跡することが可能となります。顧客との会話履歴があることで、今までの詳細を把握することができ、今後、サポートリクエストへ効果的に対処するために役立ちます。  

カスタマイズしたボットで離脱率を最低限に抑える

チームが対応できないときには、顧客との会話にボットを使うことで、ウェブサイトからの顧客の離脱を防止します。様々なシナリオに対応するよう、メッセージやワークフローを設定し、顧客1人1人に合ったサポートを提供します。エージェントの返答時間を設定したり、顧客へ対しての目標を設定したりすることも可能です。

FreshchatによるFreshdesk内のライブチャットサポート

メッセージをスマートに転送

エージェントが対応中のチャット件数や初心者、中級者または上級者と言ったエージェントのスキルレベルに基づき、メッセージをチームメンバーへ転送します。エージェントごとに一度に対応する会話件数を設定することで、チーム全体における業務量のバランスを取りましょう。

もっと詳しく見る

データに基づいた意思決定

受信するチャット件数、エージェントの生産性、チームの全体的なパフォーマンスに関するレポート、またはグラフを作成します。会話の動向、生産性に関するメトリクスを評価し、チームメンバーの業務量について深く掘り下げます。

もっと詳しく見る

最新のウェブメッセンジャー

会話の内容に基づいてチャットを分類し、顧客からの要望を適切なチームへ転送します。無制限に利用可能なチャット履歴やリッチメディアサポートで、顧客やエージェントは近代的で記憶に残るスムーズなメッセージのやり取りが可能となります。

もっと詳しく見る